【神秘の森】室生龍穴神社-吉祥龍穴の動画をUPしました!

プロフィール

おまめ

年齢⭐️あらふぉー

職業⭐️福祉関係

その他⭐️女子3人のお母さん

今後の人生の目標⭐️芸術の道に戻る

好きな神社仏閣⭐️大神神社 長谷寺 源九郎稲荷大明神 上賀茂神社 

てんぽー

年齢⭐️あらふぉー

職業⭐️自営業のパソコン使い

その他⭐️ドラマー&バイカー

今後の人生の目標⭐️バイクでソロキャンプ&日本一周しながら神社仏閣巡り

好きな神社仏閣⭐️幣立神宮 大神神社 高野山 下鴨神社 御金神社 観心寺

自己紹介

おまめとてんぽーがお送りする神社仏閣巡りブログにようこそ。

人生山あり谷あり。
仕事の責任や重圧・子育てのストレス・性格の違いなどなど日々多くのもやもやを抱えながら生きているごくごく普通のワタシたち。

休日は県をまたいであちこちの神社仏閣を巡り癒やされるのが、人生の楽しみであり共通の趣味です。

神社仏閣を好きになったきっかけ

特定の宗教を持たず、もちろん神道や仏教も遠い世界にあるような家庭で育ったおまめとてんぽーの二人。特にこれらに興味を持つでもなく、嫌うでもなく、日本の文化の一つとしてお寺や神社は一種の観光名所くらいにとらえていました。

そんな中、おまめに人生のどん底が訪れます。

結婚し、可愛い3人娘を育てながらとても充実した毎日を送っていたある日、娘の一人が7歳になった頃に突然難病を発症しました。

降って湧いたような突然の病気に困惑しながらも、目の前で激しい症状に苦しむ娘を励まし、体をさすりながら寝かしつける日々。小さな身体で病気と戦う姿があまりに不憫で毎晩一人で泣いていた若かりしおまめ(遠い目)。

病院に通いながらも症状は一向に改善せず、勧められるままずいぶん遠い県の病院まで娘をつれて行きました。1週間かけて検査を受けた結果は
「この子の年齢でこの病気が発症するのは前例がない。長い闘いになりますよ。お母さん、覚悟してくださいね」という言葉だけ。発症の原因も治療法も見つかりませんでした。

それまで元気に走り回っていた幼い娘が、突然の難病発症により今後重い障害を背負うことも分かりました。

当時は目の前が真っ暗で、娘の病状が進行していく姿を見ていることしかできない日々。ただただ生きていることが苦しくて、朝起きた時から悲しみで体中を支配されたようでした。何をしていても苦しくて苦しくて悲しみ以外感じられない毎日。

そんなとき、不思議と足が向かったのは自宅の近くにあった小さな神社でした。

なんの感情も持たずにふらっと立ち寄った神社でしたが、なんとも言えないとてつもなく優しいなぐさめを全身で感じ、体中に鳥肌が立ちました。そしてわけも分からず涙が止まらなくなりました。

参拝客も少ない神社だったので、涙が止まるまでどのくらいの時間を境内で過ごしたのか思い出せません。ずいぶん長い時間境内をウロウロ歩き涙を流し続け、言葉にならない癒やしを感じたのを覚えています。

その日から、毎朝神社に参拝し娘の病気が治るようにお願いに通っていました。

神社に何の思い入れもなかったおまめが、なぜあの時引き寄せられるように神社に行ったのか。

今ではよく分かります。
信仰心のかけらもなかった私でも、救ってあげようと呼んでくださった神様の優しさが。

あれからちょうど10年が経ちました。

娘の病気は治っていません。

時間とともに病気はゆっくりと進行し、現在はその状態で安定しているいわゆる膠着状態です。

この10年で離婚も経験し、職場では責任者になり、とても忙しく激動の10年でしたが、心の中は徐々に穏やかになってきています。

人生のどん底で心の底から神様にお願いした「病気平癒」は叶いませんでしたが、娘の病気と障害を受け入れ、職場では現場を任され、離婚してより良いパートナーと出会えました。自分自身大きな病気もせず、家族とは仲良く信頼関係を築けています。

何より、娘は今も生きています!

そんな、他人から見れば何でもないような毎日ですが、つらく苦しくもがいていた時、大変な時、心が壊れずに何度も苦境を乗り越えられたのは神様のなぐさめのおかげでした。

願いを叶えてもらうことよりも、心が壊れないようにずっと守ってくださっていたことに気が付き、深い深い感謝の気持ちを持つようになりました。

神社やお寺に足を運ぶと、悩みや心身に溜まったストレスが一旦全てリセットされます。

そして自分の内側を見つめ、他者に何かを求めたり批判する未熟さを反省し、そしてまた明日への活力にすることができます。

美しく手入れされた自然に触れ、鳥や虫の声を聞くことで体中に溜まった悪いものを綺麗にしてくれているようにも感じます。

世の中には神様や仏様の声が聞こえたりお姿が見える方もたくさんいらっしゃるようです。

純粋に、「見えて、聞こえて、うらやましいな~」と思う反面、特別な能力がないおまめでも本当に苦しんでいる時には、鳥肌が立つほど全身で感じられるような深い愛情をかけてくださるのが神様・仏様なのだと確信しています。

娘の病気は治りませんが、おまめの心は救われています。

それが、神社仏閣を大好きになった理由の全てです。


ストレスの多い現代で、とてもつらいときは出口のない闇のように感じてしまう気持ちになってしまいます。

その事が原因で心も体も病気になってしまう方が多くいらっしゃいます。おまめの身近にも苦しんでいる人が何人もいます。

そんな時は、他者のどんな言葉もなぐさめにならないことはよく理解しているので、精一杯「あなたを大事に思ってるよ!!」と伝える以外は見ているだけしかできません。

相手を大切に思うからこそ、何も力になれないことが歯がゆくてしかたありません。

人生の中でどん底と感じるようなつらい時、何の救いもないと感じ、絶望の淵にいるときでも、本当はこころや体が癒やされる場所はいつもそこにあるんだよ~と一人でも多くの人に知ってもらえたらと思い、このブログで素敵な神社やお寺を紹介し続けたいと考えています。